ブルゴーニュワインの熟成期間、難しい飲み頃の見極めは?

ブルゴーニュワインの熟成期間、飲み頃は-wine-opener

自宅でワインセラーに多くのワインを保管している方は、ワインの飲み頃について迷うことも度々。飲んでみてちょっと「若かった」という後悔も経験された方も多いと思います。逆に長く保管しすぎて飲み頃を過ぎて「こんなはずではなかった」という後悔もあります。飲み頃を過ぎた後悔はかなりのダメージになります。そこで飲み頃の目安をまとめてみました。

 

AOCの格付けによるお勧めの飲み頃目安

世界中で生産されるワインの約80%以上が製造されてから1年以内に飲まれると言われています。どんなワインでも長く置いて良いわけではありません。賞味期限などの表示はありませんが、テーブルワインなどほとんどのワインは購入したら早く飲んだ方がよいのです。

そんな中、熟成型のワインがほとんどのブルゴーニュワインは、AOCの格付けによって飲み頃、お勧めの年数の目安があります。

特級(グラン・クリュ Grand Cru)   15年以上
1級(プルミエ・クリュ 1er Cru)    10年以上
村名 (AOC コミュナル)  3-5年(Chablisなど)、7-10年
地域名(AOC レジョナル)  1-3 年(Passetoutgrain・Aligote・Macon Villageなど)、3-5年(Pinot Noir・Hautes-Cotes de Nuits・Chardonnayなど)、または5-7年

地域名クラスは範囲が非常に広いため、お勧めの年数も3段階に分かれています。地域名クラスでも格が上ほど長く熟成します。

ワイン好きにおすすめの長期熟成型向きのワインセラー

ブルゴーニュワインの格付AOC

ワインは瓶のなかでも熟成し続ける

ワインは醸造したときから少しずつ熟成を続けます。もちろんボトリングされてからも瓶の中で徐々に熟成していきます。作り方、ヴィンテージによって熟成期間は異なり、いつまでに飲まなければならないという期限はありません

最近、2000年以降のワインの一般的な作り方で、熟成させる期間は比較的短めに、早めに飲めて、楽しめるように「早飲みタイプで」造られています。ただし格付けが上のものほど長く熟成させることによって、更なる魅力を引き出します。古典的な造り方のワインは10年以上経たないとその進化を発揮できないともいわれています。

作り手がそろそろ飲んでも大丈夫と思った時にボトリングして市場に出荷します。ブルゴーニュの場合は特に小さなドメーヌ(農家)が多く、作り手もなるべく早く売って資金を回転したいという事情もあります。その流れでブルゴーニュも早飲みタイプが主流になってきました。一度市場に出ると、もともと産量も少ないため在庫は少なくなり、だんだん古いビンテージは入手が困難になります。ブルゴーニュワインファンは出荷されたワインをその年に購入して、自宅のワインセラーで何年か何十年か熟成させてから飲む方も多いのはこのためです。

同じワインを2本購入して1本飲んでみて、まだ早いと思ったらもう一本をワインセラーで寝かせるというお話はよく聞きます。我が家でも3~4年熟成させただけで驚くほど美味しくなることは何度か経験しました。本当に同じワインなの?と思いました。ブルゴーニュワインファンにとってはこの上ない楽しみ方です。

ブルゴーニュワインのヴィンテージチャート

赤ワインの古典的な醸造方法

なぜブルゴーニュワインは天然コルクにこだわるのか?

難しいブルゴーニュワインの飲み頃の見極め

 

飲み頃を見極めるにはどうしたらよいか?保存状態やそれぞれのワインによっても異なるため一概には言えませんが、村名クラス以上であれば10-30年も珍しくありません。

2018年9月にフランスのレストランで1988年(30年熟成)のワインを飲みました。最初のボトルを開けた時にテイスティングした方がブッショネ (コルク臭、コルクに起因する品質劣化)を指摘。レストランが同じ銘柄とヴィンテージをもう一本出してくれました。最初の一本目ほどひどくはありませんでしたが、正直あまり美味しいとは思いませんでした。同じ銘柄・ヴィンテージでもボトルによって違うことがわかりました。

2019年6月にパリの友人宅でいただいた2006年(13年熟成)のピュリニモンラッシェの1級ですが、保管状況が悪かったのか、残念ながらシェリー酒っぽい味がしました。香りもほとんど立たなく、1級でも保存状況によって13年でも残念な結果になることがわかりました。色もかなり黄色いゴールドになっていました。開ける時の期待が大きかっただけに、かなりがっかりしました。フランスでもワインセラーや地下のカーブは必要ですね。

日本のように特に気温が高い夏に常温に置くと、熟成が早く進んで飲み頃頃を過ぎてしまうということがあります。

飲み頃を大きく過ぎてしまったワイン

 

飲み頃を大きく過ぎてしまったワイン保存状態が悪かったワイン酸化が進み、風味や味わいを損ねてしまい、色も変わってしまうことがあります。白ワインならシェリー酒に似た香りがします。赤ワインならマデラ酒に似た香りがします。個人的にはあまり美味しいとは感じませんでした。むしろ「もったいない」と思いました。

また30年以上のワインを、古酒の会でテイスティングさせていただきましたが、ボトルによって熟成度合いはまちまちで、酸化しているものもありました。村名クラスでも20年を越えたところで注意が必要です。

この辺がボルドー赤ワインのように30-40年熟成するワインと異なるところです。ブルゴーニュ赤ワインの単一品種でつくる、繊細なぶどう種ピノノワールの特徴ともいえます。

33年熟成したムルソー1級の古酒を味わう超希少体験

ブルゴーニュワインとボルドーの6つの違い、同じフランスワインでもこんなに違う

まとめ

 

ヴィンテージによって、できの良い年ほど寿命が長く、良くない年は短命ともいわれています。
目安はあるものの、正確な答えはなく、飲み頃かどうかはボトルを開けてみなければわからないところがワインの面白さでもあり、魅力でもあります。個人的にはあと3~5年位熟成しそうな「ちょっと早め」が一番美味しく、飲み頃と思います。ワイン好きの方はワインセラーに古いヴィンテージをそっと保管されている方も多いと思います。うっかり忘れてしまわないように注意が必要です。

ブルゴーニュワインの価格ははなぜ高いのか?

上質な赤ワインにある、ワインの澱(おり)とは?

ブルゴーニュワイン、当たり年ヴィンテージは?

Home & Kitchenで一番古いヴィンテージ
12年が経過してよく熟成し、素晴らしい出来栄えでした、まだ3-5年は飲み頃と思います

Amazon で見る

 

ニュースレター配信中
お料理に合わせたワインの選び方、お家でのワインの楽しみ方、ワイン会のご案内、オスピスドボーヌの予約販売情報等をお届けいたします。是非メールアドレスをご登録ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ニュースレター (HTML) を購読する

最新投稿情報、ワイン会、予約販売等の情報配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください