食前酒や食後酒として飲まれる酒精強化ワインとは?三大酒精強化ワイン

ポートワイン

食事の前後を楽しくしてくれる「酒精強化ワイン」(fortified wine)をご存じでしょうか?

酒精強化ワインはどんなワイン?

通常のワインよりアルコール度数が高く保存性のあるワインで、食前酒(アペリティフ)または食後酒(ディジェフティフ、デザートワイン)として親しまれてきました。通常のワインのアルコール度が12~15%に対し、酒精強化ワインのアルコール度は18%前後と高めになっています。

アルコール度数を高めることで、ワインの温度管理が難しいイベリア半島など気温が高い産地でも酸化や腐敗せずに保管が可能となり、個性的な味わいになります。長期の輸送にも耐えるため、船便による他国への輸出にも向いていました。また開栓後も酸化しにくい特徴があります。

酒精強化ワインはワインの発酵の途中でアルコール度数の強いブランデーなどを添加することで発酵を止めて、原料であるぶどうの持つ甘さを残したワインです。赤ワインと白ワイン、甘口と辛口があります。未発酵または発酵途中に加えると糖分が多く残るために甘口に、発酵後に加えたものは辛口となります。

我が家のトウニーポート10年、サンルイの白ワイングラスでいただきました。

世界の三大酒精強化ワイン

スペインのシェリー
ポルトガルのポート
ポルトガルのマディラ

シェリー(Sherry) - 辛口白ワイン

イギリスの上流階級によって食前酒として広められ「シェリー」(Sherry)として世界中に広まりました。スペイン南部のアンダルシア州の大西洋岸地域へレスの街周辺の白ブドウから造られます。

へレス ケレス シェリーが原産地呼称に認定されている正式名称です。ぶどう種はパロミノ種、ペドロ ヒメネス種、モスカテル種の3種の甘口白ぶどうで単一品種で造られます。シェリーは発酵が完全に終わり当分が残っていない状態の果汁にブランデーを添加します、このためシェリーは辛口になり、食前酒として親しまれています。小さなシェリーグラスでいただきます。

ポート(ポルト, Porto)-甘口赤ワイン

ポルトガルの大西洋に注いでいるドウロ川の河口にポルト市があり、ポルト港から輸出しています。ぶどうは道路川上流のアルドドウロ地区で栽培、醸造されます。アルコール度は19~22度で原料のぶどうは29品種が奨励されています。ポルトはポルトガル語で港の意味。黒ぶどうから造られる「レッドポート」が主体です。

ポートは糖分が果汁中に残っているタイミングでブランデーを加えるため、糖分がワインの中に残った甘口のアルコールの強いワインが出来上がります。大樽で酸化を抑えて熟成させたルビーポートと、小樽で酸化熟成させたトウニーポートの2種が最も有名です。瓶内で長期熟成させたヴィンテージ ポートは最高のポートワインと評価されています。

マディラ(Madeira)

ポルトガルの南西、モロッコ沖50Kmに浮かぶ「大西洋の真珠」と呼ばれるリゾート地マディラ島で造られるワインです。アペリティフや料理用によく使われます。発酵させたぶどう果汁を樽詰めし、樽ごと乾燥炉に入れて約50度で3-6ヶ月間加熱処理しアルコール度数が非常に高い96度のブランデーを加えます。あえて酸化させる加熱処理を行い保存性を高めまるため、茶褐色に変化して、独特の香ばしい風味を持っています。マデイラワインには辛口から甘口のタイプがあります。ベースは白ワインです。甘口はデザートワインとして楽しめます。

合わせて読みたい記事

まとめ

フランスの家庭に食事に招かれた時の食前酒としては、個人的には「ポルト」が好きです。なんとも言えない独特の香りが好きです。甘いので感じませんが結構アルコール度数が高いワインで、胃が刺激されて食欲が増します。本来は食後酒としてデザートに合わせたほうが良いワインです。

フランス料理のソースによく使うのがマディラ酒で常備しています。

今のようにリーファーコンテナがない時代に船便で輸出できたのは大きなメリットだったことでしょう。それにしても昔からイギリス人はよくワインを消費していたので驚きます。古い時代のイギリスの映画やドラマには酒精強化ワインを飲むシーンがたくさん出てきます。イギリスの貴族が好んで飲んでいたワインです。

ニュースレター配信中
お料理に合わせたワインの選び方、お家でのワインの楽しみ方、ワイン会のご案内、オスピスドボーヌの予約販売情報等をお届けいたします。是非メールアドレスをご登録ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ニュースレター (HTML) を購読する
最新投稿情報、ワイン会、予約販売等の情報配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください