5種のワインのテイスティングと「オスピス・ド・ボーヌ」説明のワークショップが開催されました

オスピス・ド・ボーヌのオークション-encheres

Home & Kitchen Onlineにてお取り扱いのあるワインのテイスティングと、今回予約販売を行う「オスピス・ド・ボーヌ」のワインオークションについてご説明するワークショップを開催いたしました。

5種のワインテイスティング

アットホームな雰囲気の中、ワイン好きの方が集まり下記をテイスティングいたしました。

白ワイン2種

ブルゴーニュ オー コート ド ニュイ Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits 2015

コート・ド・ニュイのすぐ後ろにある丘の上のぶどう畑のぶどうで醸造されています。
ジュラ紀の石灰岩の土壌、粘土 – 石灰岩、白ワインによく合ったマルヌー。斜面は東から南に向いています。

サンロマン Saint Romain 2015 村名クラス ブルゴーニュ コート ド ボーヌ

サンロマン村はボーヌの南西に位置する標高の高い小さな村で、崖の下にある谷(コンブ、背斜谷)の底にあります。土壌はマールの褐色の石灰質の褐色で、部分的にはジュラ紀地層の上の部分的にリアスがあります。ムルソーの西側に位置しており、特に白は質の高いワインを産出しています。時間とともに香りの変化が楽しめました。こんなに美味しい白は初めてと感動されていました。
コート・ド・ボーヌの白としてはとてもリーズナブルな価格です。産量が少ないこととあまり知られていないワインです。非常にお得でおすすめのワインです。
2018年のオスピス・ド・ボーヌ オークションでもご予約いただけます。

予約はこちらから

赤ワイン3種

ブルゴーニュ クロドルペ Bourgogne Clos de Lupe 2014 ドメーヌ赤ワイン

ルペ・ショーレのドメーヌワインです。ぶどう畑は、ニュイ・サン・ジョルジュの村にあり、唯一昔のまま塀に囲まれ「クローズ」の畑です。 表面は1,8954ヘクタールで、ぶどうの木の平均年齢は40歳です。 土壌は主に砂岩 – 石灰岩です。ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ(Cote de Nuits) ニュイ・サン・ジョルジュ村のモノポールで生産されたぶどうのみを使用しています。
2017年産からAOCコート・ドールに認定されました。

サントネ Santenay 2013 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

サントネはジュヴレ・シャンベルタン をソバージュにしたようなたくましい赤ワイン。コート・ド・ボーヌの最南端の丘にある村。肉付きの良い果実味に屈強なタンニンが組み込まれているようなスタイル。今回赤ワインで一番人気でした。しっかりとした骨格で、バランスの取れた味わいとリーズナブルな価格はおすすめです。

ポマール Pommard 2012 ブルゴーニュ コート ド ボーヌ 赤ワイン

ポマール は端正な輪郭を持つ男性的な赤ワイン。粘土の多い土壌からがっしりとしたフルボディのワインができます。丸み、、華やかな香りと濃厚な果実味があり、長期熟成に向きます。
濃いめのガーネット色で、ほどよいタンニンがアクセントでした。煮込み系のお肉料理に合わせたいワインです。
2018年のオスピス・ド・ボーヌ オークションでもご予約いただけます

予約はこちらから

 

オスピス・ド・ボーヌの予約は11/18まで

 

アルベールビショーによって5つの銘柄が選ばれ、予約開始いたしました。ほとんどが1級以上の約50種類のオスピス・ド・ボーヌの銘柄から、テイスティングし、厳選した5つの銘柄です。

サンロマン Saint-Romain Joseph Menault 村名クラス 白ワイン 2018
ムルソー レ・ジュヌヴェリエール 1級 Meursault Les Genevrieres 1er Cru 白ワイン 2018
サヴィニー・レ・ボーヌ 1級 Savigny-Les-Beaune 1er Cru 赤ワイン 2018
ボーヌ 1級 Beaune 1er Cru 赤ワイン 2018
ポマール 1級 Pommard 1er Cru 赤ワイン 2018

予約はこちらから

フランスの歴史ある慈善活動のためのプレミアムワイン「オスピス・ド・ボーヌ」のオークションに1本から参加

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら
オスピス・ド・ボーヌのオークション-encheres

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください