ボーヌ、ベルナール・ロワゾーのレストラン

bernard-loiseauボーヌのベルナール・ロワゾーのレストラン

ブルゴーニュを愛した天才シェフ「ベルナール・ロワゾー」のレストラン

 

ボーヌのオーベルジュ(auberge 宿泊施設)でもあるレストランです。アルベール・ビショー社の方からランチにご招待される機会に恵まれました。

とてもおしゃれなヌーベル・キュイジーヌ(nouvelle cuisine)でクリームやバター、オイルなどを使わず、素材の味を引き出すことに重点を置いたお料理です。同時にワインの味を十分に楽しめるお料理でした。日本人にはあっさりして食べやすく、カロリーも控えめ、量も少なめなど、和食との共通点もたくさんありました。とても洗礼されたお料理でした。

ベルナール・ロワゾー氏(Bernard Loiseau)は自らの料理を一時期、「キュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)」(cuisine a l’eau)と名付け、この調理法が、フランス料理界の革命だと話題をよびました。ポール・ボキューズ、ジョエル・ロビュションらと並び、フランスでもっとも知名度が高いシェフとしても有名です。1995年レジョン・ドヌール勲章を受章しています。ブルゴーニュのソーリュー(Saulieu)の町のレストラン, ミシュラン3つ星、「ラ・コート・ドール」(La Côte d’Or)を起点として、パリなど多くのレストランを経営していました。日本でも一時期神戸にレストランがありました。ベルナール・ロワゾー氏が2003年に亡くなってからレストランの名前が「ラ・コート・ドール」(La Côte d’Or)から今の「ル・ルレ・ベルナール・ロワゾー」(Le Relais Bernard Loiseau)に名前を変えています。その後もロワゾー氏の20年来の弟子がシェフとして勤めています。

ボーヌのホテル&レストランは15世紀の建物、15年前にOpenしたそうです

LOISEAU DES VIGNES
31, rue Maufoux
21200 BEAUNE – BOURGOGNE – FR

ソムリエのおすすめでお料理に合わせたワイン

メニューはシェフのお任せ。ワインはソムリエのおすすめ。
アペリティフ:トマトとベーコンのカルパッチョ に クレマンを合わせて
アルベール・ビショー社がベルナール・ロワゾーのために作った特別なラベルのクレマン・ド・ブルゴーニュ(白ぶどうのシャルドネ種だけを使って造ったブラン・ド・ブラン)
シャンパンにも負けないスパークリングでした。

ラングスティーヌの前菜
クレープの下にラングスティーヌが隠れています
珍しいニュイサンジョルジュの白ワインアルベール・ビショー社のモノポール
こちらの白ワインはかなり気に入りました。コートドニュイの白ワインは産量が少ないですが、なかなかの味です。個人的には本日の3本のワインなかで一番好きです。

Chateau Grisについてはメルシャンのサイトに詳細がありました

メインディッシュ:鴨のロースト
柔らかく、鴨の味を引き出した絶品でした、おそらく低温調理だと思われます。あっさり目のソースがベルナール・ロワゾーらしいです。
アルベール・ビショー社がベルナール・ロワゾーのために作った特別なラベルのコートドボーヌヴィラージュ

胸のソムリエバッチが誇らしい、ソムリエ、的確なワインのアドバイスでした
50種類以上のグラスワインが飲める、窒素ガスを使ったサーバー、3年前から備えているとのこと、流石です

窒素ガスを使ったワインの2つの保存方法

ベルナール・ロワゾーの本をAmazonで買う

アラン・デュカス「宮廷のレストラン」ドキュメンタリー映画を見てきました

Amazonで買う

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら
bernard-loiseauボーヌのベルナール・ロワゾーのレストラン

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください