プイィ フュッセ AOCプルミエ・クリュ(1級)が認定される

プイィフュッセ

プイィ フュイッセ (Pouilly-Fusse)に新しく2019年からAOCプルミエ・クリュ(1級畑が認定

プイィ フュイッセはブルゴーニュの南にあるマコネ(Maconnais)地区で生産されるシャルドネ種の辛口白ワインです。

マコネ地区は4つの小さな村でぶどうを生産しています。

フュイッセ(Fuisse)
ソリュトレ(Solutre)
プイィ(Pouilly)
ベルジソン(Vergisson)

村名AOCは5つ

ヴィレ・クレッセ(Vire-Clesse)
プイィ・フュッセ(Pouilly-Fusse)
プイィ・ヴァンゼル(Pouilly-Vinzelles)
プイィ・ロシェ(Pouilly-Loche)
サン・ヴェラン(Saint-Veran)

 

 

マコネ地区ワインの特徴

コートシャロネーズの南に約50Km近く続く広い丘陵地帯で、生産量の85%が白ワインです。ブルゴーニュの白ワインで有名なボーヌやシャブリに比べるとコストパフォーマンスが高く熟成度の高いシャルドネから造られる白ワインです。ソリュトレ・プイィ村にプイィ山という標高550mの石灰岩でできた山があり、シャルドネ種のぶどう栽培に適しています。

ワインは、明るい緑色を帯びた黄金色で、辛口ですが、やさしく繊細な味わいです。ミネラル、アーモンドやヘーゼルナッツ、柑橘類、白い花、バター、はちみつなどテロワールからくる味の違いを楽しめます。

その中で村名クラスのプイィ フュイッセはよく知られており、今までは村名クラスのみでしたが、2019年産からプルミエ・クリュ(一級畑)が新しく認定されました。市場に出回るのが楽しみです。

余談ですが、よく似た名前でプイィ・フュメ(Pouilly Fume)はブルゴーニュではなく、ロワールのワインです。ソービニヨン・ブラン種のぶどうで全く異なりますので、ご注意を。

マコンの街を中心としたブルゴーニュ マコネ地区のお得な白ワインの特徴

Amazonで買う

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら
プイィフュッセ

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください