サントネ、野性味あふれるソヴァージュな赤ワイン、2018年に皇太子様の訪問で有名に

santenay-サントネ

1989年にお隣のマランジュ(Maranges)がAOC認定されるまでは、このサントネ(Santenay)がコートドールの最南端とされていました。サントネの紹介です。

サントネの知名度は低く、その分リーズナブルなワイン

中心地ボーヌから車で15分ほど、白ワインの3つの銘醸地として有名なムルソー、ピュリニ―モンラシェ、シャッサーニュモンラシェの南に位置するのがサントネです。8割が赤ワイン(ピノノワール)、2割は白ワイン(シャルドネ)を生産しています。

他のコートドールの産地に比べると知名度が低く、地味な印象ですが、その分価格は比較的安く、入手しやすい産地になっています。隠れたワイン産地と言えます。ただし更に南のコートシャロネーズ地区と飲み比べてみると、コートドールのワインの土壌からくる違いがわかります。

サントネ赤ワインの特徴

サントネのぶどう畑は標高300〜500mの高地にあり、東、南向き斜面に畑が広がっており日照に恵まれています。上部は灰色の石灰岩質の土壌、下部に行くにつれ泥灰質地層の上に魚卵状石灰岩が広がります。ピノノワールには日照量が強すぎてややタンニンが荒くなる傾向があり、野性味あふれる赤ワインが出来上がります。リラックスして美味しいワインを飲みたい方にはおすすめのワインです。

バラやスミレなどの花の香り、チェリーなどの赤い果実の香りと引き締まったタンニンを持つ骨格のしっかりしたワインで、熟成と共にタンニンは程よくなります。

特級はなく一級畑が13あります。
サントネは3つの地域に分かれます

シャッサーニュモンラシェとの境界近くにある東側のエリア : 最上のエリアとされています。長期熟成可能なタイプ。
中部のエリア : 複雑さとフィネスのある力強いワインが作られます
マランジュにほど近い西側のエリア :骨格のしっかりしたワイン

有名な一級畑
レグラヴィエール(Les Gravieres)
ラコム(La Comme)
クロルソー(Clos Rousseau)

 

少量生産されている希少なサントネ白ワイン

白ワインの銘醸地シャッサーニュモンラシェのお隣ということもあり、辛口でコクがあり、ミネラルが豊富でシダやヘーゼルナッツの香りが特徴的です。バターのような濃厚さはありませんが、品質の高い白ワインが造られています。

当社輸入販売の珍しいサントネ白(残り僅か)

created by Rinker
Manoir Murisaltien(マノワール ミュリザルティアン)
¥5,940 (2020/07/07 23:16:20時点 Amazon調べ-詳細)

観光地としてのサントネ、皇太子様の訪問で一躍有名に

サントネ―には古くから温泉施設「スルスカルノ」というヨーロッパでも有数の泉質を誇る温泉があります。温泉とワインの2つの魅力があり、水の妖精とワインの神の故郷と言われています。またカジノや、ブルゴーニュ公ゆかりのシャトー、ミネラルウォーターの産地でもあり、ちょっとした観光も楽しめる村です。

2018年9月に当時まだ皇太子様だった天皇陛下がサントネ村を訪問され、ぶどう畑の見学やワインの試飲やランチを楽しまれた様子が日本のニュースで報道されました。日仏友好160周年の招待旅行でした。サントネ村の老舗ドメーヌ フルーロ ラローズに嫁いだ日本人の久美子夫人と当主ニコラさんが対応されました。

まとめ

コートドールのワインは価格が高騰していて、なかなか気軽に村名や一級を飲むのは難しいのですが、サントネなら十分に楽しめるおすすめワインです。

合わせて読みたい記事

ニュースレター配信中
お料理に合わせたワインの選び方、お家でのワインの楽しみ方、ワイン会のご案内、オスピスドボーヌの予約販売情報等をお届けいたします。是非メールアドレスをご登録ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ニュースレター (HTML) を購読する
最新投稿情報、ワイン会、予約販売等の情報配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください