ボジョレーヌーボーの解禁日, 2018年の11月第三木曜日は11月15日

beaujolaisnouveau-ボジョレーヌーボー

日本では定着しているお祭りともいえる「ボジョレーヌーボーの解禁日」がいよいよ来週になりました。

ボジョレー地区はブルゴーニュ地方の一部、最南端

 

ボジョレー地区はブルゴーニュ地方の最南端、マコネ地区の更に南、リヨンの北側にあります。ブルゴーニュは地域が広く、ボジョレーは中心地のボーヌから一番離れているのと、ワインの種類がかなり異なることから、ブルゴーニュ地方の5つの地区と分けて語られます。人によってはボジョレーはブルゴーニュではないという人もいるくらいです。ボジョレーがブルゴーニュだと知らない方も多いかもしれません。

ブルゴーニュ、5つの地区
シャブリ - ミネラル風味の辛口白ワイン
コート・ド・ニュイ - コート・ドールの北側 高品質の赤ワイン中心
コート・ド・ボーヌ - コート・ドールの南側 高品質の白ワイン中心
コート・シャロネーズ - すがすがしいリーズナブルな赤と白ワイン
マコネ - 白ワイン - 成熟度の高いリーズナブルな白ワイン

ボジョレー - 熟成の早いカジュアルな赤ワイン

ボジョレーヌーボーのぶどう品種はガメイのみ

 

一般的にピノ・ノワールがほとんどのブルゴーニュ赤ワインですが、ボジョレー地区は主にガメイ種を生産しています。ガメイ種のその年収穫したぶどうから造る新酒のみボジョレーヌーボーと呼びます。(ヌーボーはフランス語で新しい)ガメイ種なので、赤ワインのみです。ピノ・ノワールは樽熟成を1年~2年行いますので、その年のワインが出ることはありませんが、このガメイ種は醸造期間が短く、フレッシュなうちの方が美味しいとされています。フランス政府の取り決めにより一番美味しい時期とされる11月の第三木曜日が解禁日として設定されています。

ガメイの単一品種で生産され、ブレンドなしのところがブルゴーニュらしさです。

日付変更線が近いことで、日本は世界で一番早く0時を迎え、解禁されるので、よくニュースで取り上げられています。日本でもよく知られています。ワイナリーの方のお話しだと、日本のボジョレーヌーボー人気はかなり高く、フランス以外、輸出国としては毎年一番出荷本数が多いとのことです。

少し冷やして、早く飲む軽いカジュアルなワインです。飲みやすいことも人気の理由の一つです。
逆に長くワインセラーに入れて熟成させるワインではないので注意が必要です。購入したらすぐ飲み切るワインです。

 

2種類、ボジョレーヌーボーとボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー

 

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーのほうが格が上で、上質です。年に一度のお祭りなので、このボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーを味わうことをおすすめします。
またかなりワイナリーによって味わいが異なりますので、あまり安価なものは避けた方がよいでしょう。
最近はペットボトルやスクリューキャップを使って安価にしているものもあります。
何度か、安いものを購入して外したことがあります。ぶどうジュースのようで、残念でした。

ワインのグレードとしてはさほど高くなくですが、解禁日に間に合わせるために、空輸で送られてきます。ボジョレーヌーボーは航空運賃を買うようなものという方もいるくらい、価格のほとんどが運賃です。解禁日の前はボジョレーヌーボーで飛行機の貨物がいっぱいになってしまい、最優先のため、他の貨物が乗せられないという話は輸入業者のなかではよく聞きます。

お祭り好きな日本人にはぴったりのワインです。1年に一度世界中のワイン好きと一緒にお祝いしたいですね。


Amazonで買う

 

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら
beaujolaisnouveau-ボジョレーヌーボー

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください