ヴィレクレッセ、親しみやすいマコネ地区で最も新しいAOC

ヴィレクレッセ

マコネ地区の村名AOCの一つヴィレクレッセ(Vire-Clesse)の紹介です。

1999年に認定された新しい白ワインのみのAOC,ヴィレクレッセ

ヴィレクレッセのぶどう畑はブルゴーニュマコネ地区でもマコン市の15Kmほど北に位置するメインのヴィレ(Vire)クレセ(Clesse)の南北にひろがる丘陵地帯とその南北に隣接するモンベレ(Monbellet)、レゼ(Laze)の4つの村にあります。1999年に認定されたマコネ地区で最も新しいアペラッション、以前はマコンヴィレ(Macon-Vire)、マコンクレッセ(Macon-Clesse)というアペラッションでした。一級はありません。

マコネ地区で有名な他のAOCはマコン市の南東に集中してますが、ヴィレクレッセはマコン市の北に位置しています。ヴィレ村の5km北にあるのがシャルドネ村でぶどう品種のシャルドネ発祥の地と言われています。

畑は北と南の2つの斜面にあり、ブルゴーニュとムージュの谷が境界になっています。

地質はジュラ紀バジョシアンのウミユリ石灰岩とオックスフォーディアンの泥灰土・石灰岩。斜面の下部はシャイユ(砂岩の石)を含む粘土質で、東向きで排水がよいのが特徴です。マコネ地区の土壌である石灰岩の白い石、白亜土は シャルドネ種に最適の土壌です。標高200~440m。

 

ヴィレクレッセの特徴

輝きのある淡い黄金色。白い花やシダのような香り、白桃やカリンのような風味があります。ミネラル感と果実味のバランスが良いワインが特徴です。上品な蜜のニュアンスに、白桃やアプリコットの凝縮感のある果実味とおだやかな酸を持った味わい、心地よい塩味、口に含むとまろやかな味わいがじんわりと膨らみを見せます。

当社輸入販売のヴィレクレッセ

コントラフォンのヴィレクレッセ

コートドボーヌの白ワインの有名ドメーヌがマコネ地区に進出しています。需要とともにコートドボーヌの白ワインが高くなり、一般的にはなかなか入手が難しくなったこと。コートドボーヌにはこれ以上広げる畑がないことから、比較的土壌が似ているマコネ地区に畑を構え、より気軽に楽しめるこだわりの白ワインを造っています。

その中で「ムルソーの巨匠」として有名なドメーヌ デ コントラフォンのヴィレクレッセを飲んでみました。ぶどうの栽培はムルソー同様ビオディナミを実行。収穫は手摘みで1/3はステンレス、2/3は大樽で12カ月間熟成。新樽の使用なし。

ヴィレクレッセとしてはかなり高価ですが、素晴らしいワインでした。肉厚で粘性があり、酸はキリッと立っていました。最初は白い花の香り、凝縮感があり時間とともにだんだんまろやかになっていきました。作り手によってワインの味わいが異なることを実感しました。ムルソーに比べると半分くらいの価格で楽しめるので、おすすめです。

合わせて読みたい記事

まとめ

注目のマコネ地区はどんどん新しいチャレンジをするドメーヌが増えて、質が高まってきています。これからは目が離せない地区です。

合わせて読みたい記事

ニュースレター配信中
お料理に合わせたワインの選び方、お家でのワインの楽しみ方、ワイン会のご案内、オスピスドボーヌの予約販売情報等をお届けいたします。是非メールアドレスをご登録ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ニュースレター (HTML) を購読する
最新投稿情報、ワイン会、予約販売等の情報配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください