いちごがたっぷり、フランスのいちごのケーキ2種、軽くて食べやすい

フランスのいちご狩り

いちごの季節に手作りのフランスのいちごのケーキ2種、いつもと違ういちごの楽しみ方のご紹介です。

フランスでフルーツはお菓子にして食べることが多い

日本のように品種改良がすすみ、甘くて、形もきれいで美味しいフルーツはフランスではあまりありません。形も不ぞろいで、甘みも今一つのことが多いためか、昔からフルーツはジャムかデザートのお菓子にすることが多く、家庭でもジャムとケーキは良く作ります。

たくさんとれた時はジャムにして、各家庭で保存食として朝食にバゲットにつけるなどして1年中食べます。遊びにいくと帰りにお土産にジャムを1瓶持たせてくれます。

画像は昨年3月にフランスでいちご狩りに行った時の写真です。

フランス人の友人は日本のフルーツはとにかく驚くほど美味しいけど、値段も驚くほど高いと言っていました。フランスではフルーツは日本ほど高くはありません。

日本ではいちごは人気があり、全国の様々な地域の様々な品種のいちごが売られています。競争が少々過熱気味にも感じられます。4月になると価格もかなり下がってきて、お菓子作りにはちょうど良い季節です。

いちごのタルト(Tarte aux fraises タルトオフレーズ)

いちごの季節に手作りのフランスのいちごのケーキ2種を紹介いたします。

まずはいちごのタルト
粉砂糖を使ったほんのりと甘い、サクサクのタルト生地の上にアーモンドクリーム、その上にいちごチョコガナッシュ(チョコガナッシュにいちごジャムを混ぜます)をのせて、いちごを飾ります。

ポイントはアーモンドクリームやチョコガナッシュを薄めに作ると、軽くて食べやすく、いちごをたっぷりと楽しむことができます。チョコといちごが合って美味しいタルトです。見栄えもよくてインスタ映えします。家族にも喜ばれる簡単なケーキです。いちごはちょうど1パック。失敗なしです。

フレジェ( Frraisier)

フランスのいちごのショートケーキというとこのフレジェ、フランスの伝統的なケーキです。

セルクルにアーモンドパウダーを使った薄いスポンジを下にひいて、いちごとクレームムスリーヌ(カスタードクリーム)を乗せて、同じスポンジで上に蓋をします。いちごは外側に半分に切ったものを飾り、内側にはいちごホールそのままを敷き詰めます。いちごの隙間にカスタードクリームを絞っていきます。隙間がぴったり詰まっていないのはお愛想。まだまだ練習が必要です。

見た目は重そうに見えますが、中は半分以上がいちごなので、軽くて食べやすいケーキです。スポンジの上に彩のきれいなラズベリーのジュレをのせました。ジュレに少しムラがあるのも次回の修正点。いちごは上の飾りを入れて1.5パック使用。

まとめ

 

日本のフルーツ事情は本当に特殊だと感じます。日本ではくだものは高い贅沢品のように思えます。手作りケーキで違ったいちごの楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

ニュースレター配信中
お料理に合わせたワインの選び方、お家でのワインの楽しみ方、ワイン会のご案内、オスピスドボーヌの予約販売情報等をお届けいたします。是非メールアドレスをご登録ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ニュースレター (HTML) を購読する
最新投稿情報、ワイン会、予約販売等の情報配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください